ピーリング・イオン導入・ヒアルロン酸・ボトックス注入

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング ってなに?

紫外線やホルモンバランスの乱れなどにより、肌に古い角質が蓄積されると、くすみやニキビなどの原因になります。ケミカルピーリングは酸性の溶液で皮膚の角質を取り除き新陳代謝を促進し、きめ細かな張りのある皮膚を取り戻す効果があります。ピーリングには数種類の薬品が使用されていますが、当院では安全で日本人の肌質に合っているフルーツ酸の一種であるグリコール酸または天然乳酸を用いてピーリングを行います。当院では皮膚の状態を皮膚科医が診察してから施行しますので、初めての方も安心して治療を受けられます。

◆当院では日本医大や東京女子医大などの大学病院で施行されているピーリングと同じ方法で行います。日本皮膚科学会でも、その安全性と効果が評価されている方法です。

治療について

施術の所要時間はおおよそ20分程度です。ピーリングの施術中はぴりぴり感を伴うような痛がゆさを伴います。施術後は個人差が出ますが、赤み・ほてり感が2時間から3時間ほど、長い方では1日続くことがあります。2~3日は肌が乾燥しやすくなるため、保湿ケアをするとよいでしょう。ニキビの方は数日間患部が悪化する場合がありますが、これは毛穴に詰まっていた皮脂が排出される過程なので心配する必要はありません。当院ではケミカルピーリングの後に、ビタミンC誘導体のイオン導入をセットで行います。ケミカルピーリングのあとは日に焼け易い肌質になっているので、1カ月間は外出の際には日焼け止めを塗る必要があります。シミの方は当院オリジナルの美白コスメ(ハイドロキノンジェル、VC―IPジェルなど)を併用します。

治療頻度はどのくらい?

肌質、疾患にもよりますが、当院では1週~2週ごとに計5回を1クールとして、その後は1カ月に1回、メンテナンスをします。症状がよくなればホームケア製品などでフォローしていきます。

どんな症状に効果があるの?

ニキビ、ニキビ跡、脂性肌、開いた毛穴 → グリコール酸ピーリング
しみ、くすみ、小じわ、アンチエイジング → 天然乳酸ピーリング

以下の方はケミカルピーリングはできません

皮膚過敏症
日焼け愛好者
妊婦および授乳中の方(念のため)
顔ぞりして3日以内
最近、顔面の外科的手術、レーザー治療等を受けた方
ケロイド体質、口唇ヘルペス、自己免疫疾患のある方

イオン導入

イオン導入とは

皮膚に微弱な電流を流して有効成分を皮膚の深くまで浸透させる治療法です。 美容液を塗るだけではなかなか皮膚に浸透しません。イオン導入によりイオン化した有効成分が 皮膚のより深くまで浸透します。

有効成分について

現在当院で行っているイオン導入の有効成分には下記のものがあります。

  • リン酸型ビタミンC(VC)
    イオン導入の定番です。全ての肌質に適応。美肌、美白、にきび予防効果があります。

  • トラネキサム酸(TA)
    肝斑や色素沈着に有効です。

施術について

予約が必要です。
洗顔してメークを落としてから施術します。施術後はお化粧してからお帰りいただけます。
施術時間は15分程度です。

施術料金、回数について

施術の回数、期間は1、2週間毎に8回程度の治療が効果的です。
当院ではVCが全ての肌質改善の基本と考えておりますのでVC導入を他のイオン導入とセットで行っています。

注射内容備考料金 (税込)
VC導入(VCのみ) 1回 2,100円
TA導入(TA+VC) 1回 4,200円

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注入

当院で使用しているヒアルロン酸は、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可された安全な製材です。他の製剤(レスチレンなど)よりも高濃度ヒアルロン酸を有していますが、ゲルが均一で滑らかな(ダマがない)ため、より自然な仕上がりになります。また3Dマトリックス架橋により効果の持続時間が長く、1年から1年半程度続きます。

注入できる部位

鼻唇溝にかけての笑いじわ(ほうれい線)
口回りのしわ(マリオネットライン)
額の横しわ
眉間、鼻根部のしわ
目尻のしわ(カラスの足跡)

※当院では部位、症状により最適な製剤を使い分けて注入しています。
詳細は医師にご相談ください。

リスク

注射部位が内出血を起こすことがあります。内出血が起こってしまった場合は、完全に引くのに1~2週間かかります。目のまわりなど皮膚の薄い部位への注入は凸凹した感じが残る場合があります(数日で目立たなくなります)。

治療後のケアは?

洗顔・洗髪・入浴は、注入当日から可能です。お化粧は、注入当日から可能です。

治療後のケアは?

当院では痛みを最小限に抑えるよう、極細の針で治療します。痛みに弱い方にはテープタイプの局所麻酔を使用いたします。
当院では各注入剤を1本ずつ買い取りしていただいております(他の方に使ったシリンジを使い回したりすることは絶対にありません)。

ボトックス注入

ボトックスとは

ボトックスはA型ボツリヌス毒素製剤のことで顔の表情筋の働きを抑えて額や眉間 、目尻などの表情しわを目立たなくする効果があります。日本では顔面けいれんなどの治療薬として厚生労働省に認可された安全な薬剤です。

施術料金はこちら

効果の持続

施術時間は15分程度です。効果は、1~10日で現れ、3~8ヶ月ほど続きます。一般的に、2回目以降は初回より効果が長く持続すると言われています。直後からお化粧でき、すぐにお帰りいただけます。

痛みについて

当院ではなるべく痛みを抑えるよう、極細の針で注射しますが、多少の痛みをともないますので、痛みに弱い方には貼るタイプの局所麻酔を使用いたします。

リスク

注射後に、針の跡が点状に残ることがあります。通常は2~3日で改善し、お化粧で隠せる程度です。
額のボトックス治療の数時間後に頭痛が生じる場合があります。これは筋緊張のバランスのくずれなどが原因です。通常の頭痛薬の内服でおさまります。
ボトックスが周囲の筋肉に拡散し眼瞼下垂、眉毛下垂(特に前額部に注入した場合)などが一時的に生ずる可能性があります。治療後4時間は、横にならないで下さい。また、当日のマッサージは控えて下さい。

対象となるシワ

眉間の縦ジワ ・額の横ジワ ・目尻のシワ(カラスの足跡) ・アゴの梅干状のシワ

※シワの箇所や状態によってはコスモダーム(ヒューマンコラーゲン)注入との併用がより良い効果をもたらす場合もあります。

※当院では、一番高品質で安全性が高いといわれているアラガン社製のボトックスだけを使っておりますのでご安心ください。

ボトックス治療の出来ない方

神経・筋疾患をお持ちの方(重症筋無力症etc)
ボトックスの効果に影響を及ぼす薬(アミノグリコシド系抗生物質、精神安定剤、カルシウム拮抗剤など)を服用されている方
過去に同様の治療でアレルギーが生じた方
ボツリヌス菌が原因と思われる食中毒の既往のある方
重篤な疾患に罹っている方
妊娠、授乳中の方

inq_sptel.png

医療法人社団麗美会 しらゆり皮膚科 門仲クリニック TEL:03-3630-1112 メールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ TEL:03-3630-1112